【古松新濤 】都心連句会、湘南吟社発行の本書の著者別所真紀子女史は松濤軒瓢左の不易流行の意をこめてこのタイトルを採用し、古松と新濤に囲まれた瓢左師を表現している。|書籍 心の糧|珍しくて良質!食品から健康を考える、こだわりの食材通販なら「芝電SHOP」

【古松新濤 】都心連句会、湘南吟社発行の本書の著者別所真紀子女史は松濤軒瓢左の不易流行の意をこめてこのタイトルを採用し、古松と新濤に囲まれた瓢左師を表現している。

直送品を除き5,400円以上のまとめ買いは代引手数料を当店で負担します

俳諧を志す人、俳諧を愛する人の必読の書である。

商品コード 都心連句会、湘南吟社発行の本書の著者別所真紀子女史は松濤軒瓢左の不易流行の意をこめてこのタイトルを採用し、古松と新濤に囲まれた瓢左師を表現している。
商品名 【古松新濤】 教養書籍【昭和の俳諧師 清水瓢左】【俳句】昭和の時代に松尾芭蕉の俳風を正しく再現しようとして努力を続けた巨匠の一生を尊敬の念をもって書き綴った感動の伝記 御子息清水自朗氏の謝署名入り 代引不可
価格 2400円(税込)
送料 0円(税込)
在庫
個数
カートに入れました

清水老師は戦国武将村上義清一族の末裔であ
る。明治31年に千曲川のほとり歴史の町松代にて生をうける。若くして安曇野での駐在署長生活を経ていつしか俳諧の路に入ることとなる。
蕉風を正しく伝えることに生命をささげ昭和が終わるとともに私淑する芭蕉のもとに旅立っていかれた。
これは松尾芭蕉300回忌の7年前のことであった。
老師を慕う俳人の多きことはその俳風のみならず
人間的な深さによるものである。
明治にうまれて大東亜戦争を経験し戦後の日本の再興の文化的背骨をになった気骨のある明治人の一生にはあまりにも学ぶことが多い。俳諧は大和心をになっている。
昭和平成に生きている俳諧の心を知る人のための名著である。著者別所真知子女史は多くの俳諧関係者の支援を受けて渾身の力をこめて本書を書きあげている。
清水老師に対する限りなき尊敬と愛情がにじみ出た作品は単なる伝記本というより一流の文学作品としての
評価をすべきであろう。

買い物を続ける

カートを見る

ページの先頭へ戻る