【台湾夫婦箸】【お箸】【夫婦箸】【台湾漆芸品】台湾製品 日台の絆、 2つの絆の夫婦箸、台湾芸術文化商品|特選品。希少品 トラップキーパー|こだわり食材通販|食品から健康を考える|芝電Shop

【台湾夫婦箸】【お箸】【夫婦箸】【台湾漆芸品】台湾製品 日台の絆、 2つの絆の夫婦箸、台湾芸術文化商品|特選品。希少品 トラップキーパー|珍しくて良質!食品から健康を考える、こだわりの食材通販なら「芝電SHOP」

【台湾夫婦箸】【お箸】【夫婦箸】【台湾漆芸品】台湾製品 日台の絆、 2つの絆の夫婦箸、台湾芸術文化商品

直送品を除き5,400円以上のまとめ買いは代引手数料を当店で負担します

台湾漆塗り芸術の粋を極めた絆を深める夫婦箸

商品コード 台湾漆塗り芸術の粋を極めた絆の夫婦箸1294
商品名 【台湾夫婦箸】台湾漆塗り芸術の粋を極めた絆の夫婦箸 金婚 銀婚記念 台湾記念 アルミ箸に芸術的漆塗【送料無料】 代引不可
価格 13000円(税込)
送料 無料円(税込)
在庫
個数
カートに入れました

携帯型漆塗り夫婦箸全長:約23.5cm 組み立て先部:約12.5cm
台湾漆工業の父山中公氏が大正時代に台湾の原住民達と育てた絆の技術の結晶がこの史嘉祥師匠がアルミのお箸に漆塗仕上げしたユニークな芸術品豪華夫婦箸です。
台湾漆工業の父山中公氏の伝統をついで台中市豊原にアトリエを構える史嘉祥漆伯は独自の陶芸作品に漆塗技術を確立した。ロマンの香りの高い自作の陶芸作品に台湾の原郷的漆色仕上げを施す第一人者である。この漆塗り夫婦箸は単なる食事箸ではなく台湾の原住民への郷愁を表現した芸術品の格調を備えた夫婦への贈り物です。金婚式や銀婚式へのお祝いに最適です。

台中市豊原は肥沃な地で昔は小蘇州といわれていた。その後日本人と原住民の共同努力により農業で益々豊かになり<台湾の豊葦原の瑞穂の国ー古事記>と名乗るようになった。それが現在でも豊原と言われる由縁である。 

台湾漆工業の父山中公氏は香川県出身。大正5年台湾原住民のためにその豊原の工芸伝習所の所長として香川漆塗の技術を教授した、それが蓬莱塗として発展し大東亜戦争後は台湾技師に引き継がれ今や陶器やアルミに漆塗仕上げを行う水準に達した。佳き時代の日台の絆の象徴の一つである。
この夫婦箸は史嘉祥師の会心の作品です。

カード決済はヤフーSHOP店で取扱中

 

クレジット決済ご希望の方はこちら

買い物を続ける

カートを見る

ページの先頭へ戻る