ノモンハン戦争記録3部作日本陸軍の専守防衛記録【張鼓峰】4500|書籍 心の糧|珍しくて良質!食品から健康を考える、こだわりの食材通販なら「芝電SHOP」

ノモンハン戦争記録3部作日本陸軍の専守防衛記録【張鼓峰】4500

直送品を除き5,400円以上のまとめ買いは代引手数料を当店で負担します

昭和13年7月。数百を算する戦車群や大量の空軍機よりなるソ連機械化部隊は北鮮に隣接する満蒙国境を侵犯した。日本陸軍は陸砲と手榴弾で応戦撃退し、8月11日に停戦となった、

商品コード ノモンハン3部作張鼓峰-123
商品名 ノモンハン(芝電文化商品】(芝電教養文庫)教養 書籍 ノモンハン戦争3部作。【張鼓峰】日本陸軍はソ連の国境侵犯を専守防衛の精神で押し戻した,( 復刻版) 豆満江の泥水を飲み梅干しとお握ぎりで戦った。血と涙の尾高部隊 大城戸部隊の1ケ月弱にわたる戦闘記録。
価格 4500円(税込)
送料 1000円(税込)
個数
カートに入れました

本書は絶版品に付データーコピーをお届けします。

 

~昭和13年7月支那事変 上海事変による日本軍の北の守りの手薄をついたソ連軍の満蒙国境侵犯に対し日本陸軍は専守防衛の厳命のもとに陸砲と手榴弾のみで応戦し張鼓峰、沙草峰52高地を奪取し8月11日停戦となった。
 書名 【張鼓峰】(全355余頁)
 著者 尾高部隊、大城戸部隊
    陸軍伍長 赤石澤 邦彦   
 扉絵 藤田 嗣治 (当時従軍画家 第1人者)
 出版 興亜書房。東京市神田区神保町3-31
 初版 昭和16年9月7日
 定価 1円70銭

(張鼓峰)昭和13年7月のソ連の満州国境侵犯から始まった所謂張鼓峰事件はソ連の鉄器に対する日本陸軍の肉の闘いであった。日本陸軍はソ連戦車隊を国境線まで押し戻し8月11日停戦に持ち込み専守防衛を貫徹した。
責任を問われソ連極東軍司令官ブリニッヘル元帥は
官職を解かれ投獄された。

(張鼓峰)本書はまさに<満蒙国境に華と散りし忠勇なる戦友の英霊に捧げる書>である。 著者も前線で負傷した。にも拘らず、さながら戦闘の実況放送を行うがごとく記録された感動の書物である。 特に第52号高地の攻防戦は大阪の陣の真田丸を彷彿させる攻防戦であったと描かれている。
 尖閣諸島、南沙諸島が狙われている今日、国境は油断をすれば侵されるということことを肝に銘じるべきである。  

 

買い物を続ける

カートを見る

ページの先頭へ戻る