【町田忠彦の生涯ー明治。大正。昭和。平成。】明治人の気骨と憂国の精神 |書籍 心の糧|珍しくて良質!食品から健康を考える、こだわりの食材通販なら「芝電SHOP」

【町田忠彦の生涯ー明治。大正。昭和。平成。】明治人の気骨と憂国の精神 

直送品を除き5,400円以上のまとめ買いは代引手数料を当店で負担します

大東亜戦争前後の日満独の化学界に雄飛する明治人の気骨。国破れて興国の気概あり。

商品コード 町田忠彦の生涯ー107
商品名 【町田忠彦の生涯】【芝電文化商品】(芝電教養文庫)釜山 ベルリン 満州に於ける良き人と化学との出会いの書  戦前の日満独の化学界に雄飛する明治人の気骨 ああ玄海の浪の華の姉妹編 平成6年中央公論出版発行 代引きは送料600円追加申し受けます。
価格 1620円(税込)
送料 400円(税込)
在庫
個数
カートに入れました

<序文20世紀の東洋は>から始まり大正期の釜山時代、発展する満州時代、戦時下のドイツ、苦闘の敗戦後の日本、を化学工業を通じて見た社会の状況と良き人との出会いが綴づられた感動の書


(本書の内容)釜山中学の朝鮮人の友人達。栄光の福岡高等学校時代。東京帝国大学工学部から化学会社へ。 シベリア鉄道で向かった4年間のベルリン留学時代。 第2次欧州大戦下の暗いドイツ。希望に満ちた満州電気化学工業での人造羊毛。府中の陸軍燃料廠での航空燃料研究。敗戦後の工業再建の離陸時代。 著者の鋭い社会観察力、化学技術への洞察力は高等学校時代から大学卒業後も継続した和洋漢籍への研鑚から得た幅広い教養の賜物である。著者は若い時代から死ぬほど勉強が好きであった。その結果日本人として世界に通ずる教養を保持した誇るべき化学者の一人であった。

著者は言う、~軍人は戦いに敗れたが、国民は負けなかった。日本は立ち直った。 著者の世代の人たちの努力と英霊のご加護があって今日の日本は世界一幸せな国になっている。

この世界一幸せな国 日本をどのようにして守って行くかが今の世代の課題である。 その鍵は次の時代を育てる教職員が<著者の時代の人々に負けない気概と和洋漢籍に挑戦する向学心>とこれを涵養させるよう意識改革を行うことである。

著者 工学博士  和田野 基

 

 

買い物を続ける

カートを見る

ページの先頭へ戻る